『セルフ引越しで家財をこわさないためのアドバイス』

学生引越しや単身引越し向けに、セルフ引越しの際、家財を壊さないための秘策をQ&A方式でアドバイスします。

(質問1)学生や、単身者の家財で、セルフ引越しの際、壊れやすいもの、とくに注意して運ぶべきものはどのような家財ですか?

●ガラス材を使用した家財:ガラステーブル、食器棚、テレビ台など、ガラステーブルは、ガラスの天板とテーブル枠が外れる場合は、分解し、ガラスは梱包して別で運ぶことをお勧めします。
食器棚はもちろん、テレビ台の中の物は必要に応じ梱包して、すべて中を出して、段ボールに入れて運びましょう。

●組み立て式家具 :近年格安で販売している自分で組み立てる家具は、移動(引越し)する事を前提としていない為、壊れやすい家具です。
分解した場合、再組立てができないケースは多いですね。

●大型の家財  :大きく重いため、部屋から出す(入れる)際にかなりの注意が必要です。場合により、扉(ドア)を外し、搬出(搬入)作業しなければいけません。

(質問2)学生、単身者の家財を壊さないで引っ越しするために、あると良い(便利な)アイテムがあれば教えてください。
ゴム軍手、保護用毛布や(緩衝剤)プチプチ、ジャバラ(ゴム入りパッド)が有効です。
台車もあれば安心です。

(質問3)学生、単身引っ越しの際、家財を壊さないための、素人でもできるテクニックなどがあれば教えてください。
・ゴム軍手を使用して、大きな家財は2人以上で持つこと。
・急がず確実に経路を確認する。
・大きな家財は特にゆっくり、丁寧に作業をする。
・階段で、二人で1個の大きな家財を持って運ぶ場合は下側の方が重いので、力のある方が下側を持って運んだ方がいいです。人数が多い場合は下側を持つ人数を増やしましょう。
・大きな家財から搬出(搬入)しましょう。細かい物は後回しに。体力が落ちてきてからの搬出(搬入)は注意力も落ち、握力を含む体力も落ちます。手から滑り落ち家財や建物に傷をつけたりする可能性があります。けがをする危険もあります。

(質問4)引越しに際し、大きな家具を運ぶ際の、テクニックを教えてください。
・タンス(衣装ケース含む)を運ぶ場合は、中身を全部だし、なるべく軽い状態にして運ぶ。
また、場合によっては、引き出しと外枠を別にして運ぶ。
・大型家財を運ぶ際、家財の角や上下が建物に当たらないようにゆっくり、注意しながら運ぶ。
・面倒くさがらないで丁寧に作業する。特に引っ越しの終わりが近づくにつれ、体力も消耗してくるので、手の握力が落ち、手元から落とさないように注意が必要です。

(質問5)学生、単身引越しに際し、食器など、割れやすい小物を運ぶ際のテクニックを教えてください。

新聞紙やタオル等で梱包し、作りのしっかりとした段ボールに入れることをおすすめします。また、段ボールの外側には「割れ物注意」などと一目でわかるように大きく書いた方がいいですね。
持ち運びやすいように小さめの段ボールを使用するのもよいでしょう。

(質問6)その他、学生引っ越し、単身引越しに関わらず、引っ越し全般についてアドバイスがあれば教えてください。
単身者の家財でも引越し作業は、想像以上に大変な作業です。特に階段ある引っ越しは想像を絶するくらい大変です。

人数は多ければ多い方がいいですが、最低でも2名以上での作業がお勧めです。
それと天気も気にしたいですね。雨だと運転にも気を使いますし、渋滞が発生しやすくなります。階段や廊下などの共有箇所も滑りやすくなりので、注意が必要です。できるだけ雨を避けた引っ越しをしましょう。

最後に、小さい物、細かい物はできるだけ段ボールに入れて効率良く運んだ方がいいです。段ボールがない場合は大きめなゴミ袋の2枚重ねで代用するなどして、ある程度まとめて運ばないと効率が悪く、「夜になっても今日中に引っ越しが終わらない」なんてこともあるかも知れません。

セルフ引っ越しにマッチするサービス⇒https://www.rentora.com/self/

今回はこれで終わりますが、引越しに関して聞きたいことがありましたら、お気軽にメッセージを下さい。アドバイスをさせて頂きます!

■単身引越しするならレンタルトラックサービス利用がオススメの理由
レンタルトラックサービスとは?
レンタルトラックサービスとは、トラックの運転手とトラックをレンタルするサービスです。通常の引っ越し業者を利用するよりも安価で引っ越しをすることができます。運べる物量に制限はありますが、単身引っ越しの場合は十分な量です。

レンタカーとの違い
レンタカーを自身で借りて物を運ぶという手段もありますが、引っ越しは荷物量が多く、できることなら手伝ってほしいというシーンも多いでしょう。また、車を傷つける心配もあるでしょう。

レンタルトラックサービスなら運転手が簡易な家具移動のお手伝いなどをしてくれる上、トラックの管理は運転手側でおこなってくれ、運転も任せることができるのです。

引越し業者のトラブル例

引っ越し業者を利用すると大変料金が高く、バイト業者の場合はサービスや対応に不満が残るケースも少なくありません。また、家財の傷や破損に対する補償や条件も悪いことがあり、プランに対する入念なチェックと用意が必要になります。

レンタルトラックサービスのメリット

レンタルトラックサービスを利用することで、単身引っ越しであれば大幅な料金節約が可能になります。また、他サービスと比較してスケジュールやプランの調整が簡易かつ柔軟で、見積もりやプランの目安が立てやすいことも魅力のひとつです。

さらに、不要な家具や荷物の整理などもオプションがついていたり、期間限定の無料キャンペーンがあったりとさまざまな特典がついています。

レンタルトラックサービスはこんな人におすすめ
レンタルトラックサービスは単身での引っ越しや、仕事による短期引っ越しなど、大々的でない引っ越しに適しています。
また、引っ越しに限らず、単身では運びづらい容量だけれど引っ越し業者を利用するレベルではないという物流の際に使うことをおすすめします。

■単身引越し用のレンタルトラックサービスの選び方

荷物の量
レンタルトラックサービスでは軽トラックやアルミバン車など荷物の量に基づいて選べる車種があります。つまり、荷物の量を正確に把握し、最小限のプランを選ぶことでより見積もりを安くすることができるのです。
重要なのは荷物の量の目安を見積もりやプラン決定前に条件として提示できるレベルまで把握しておくことです。

料金
レンタルトラックサービスは一般の引っ越し業者より料金が安いことで知られていますが、更にその中でも価格設定が細かくオプションなどで分かれています。
料金が安ければ安いほど良いというわけではなく、その場合は運転手の手伝いオプションがないなどのポイントがありますので、パックに何が含まれているのか確認しながら必要な条件を満たすものを選ぶと良いでしょう。

利用時間
利用時間によってもレンタルトラックサービスの料金は変化します。単純な走行時間はもちろんですが、引っ越し作業そのものに係る時間も含めてどの程度の利用時間がかかるかが重要になります。
所定の利用時間を超過すると超過分の料金が発生しますので、利用の際には少し多めに見積もっておいたほうが確実でしょう。
リスクが心配な方は専門業者の一部利用がおすすめ
レンタルトラックサービスを利用することのデメリットとして、家財の破損などのリスクがあります。これは引っ越し業者でも同様ですが、破損に対する補償などのプランもあるため、心配な方は一部の家財に対してのみ専門業者を利用することで、より安全に引っ越しをすることができます。

■レンタルトラックサービスを利用した引越しプランの流れと注意点
1.引越し日を決定する
まずは引っ越し日を決定しましょう。レンタルトラックサービスは通常の引っ越し業者と比較して柔軟なスケジュールが立てられますが、引っ越しが重なるシーズンなどはどうしてもスケジュールがとりづらくなるものです。
できる限り早めに引っ越し日を確定し、見積もりの問合せをすると確実に引っ越せるでしょう。

2.運ぶ荷物の量を把握する
引っ越し日が確定したら、運ぶ荷物の量の目安を把握しましょう。レンタルトラックサービスでは、運ぶ量によってプランや条件が変わりますので、ある程度明確に荷物の量を知っておくことが必要です。ダンボールの箱数まで認識できると見積もりしやすいでしょう。

3.レンタルする車種を決定する
運ぶ荷物の量が決定したらレンタルする車種を選択します。運ぶ荷物の量がわかっていれば、おのずと車種はわかります。荷物の量を把握する用意ができていない場合は、少し大きめの車種を選択するようにしましょう。

4.引越しの手伝いを探してくれる人を探す
引っ越しは人手が必要です。レンタルトラックサービス内に運転手が手伝ってくれる内容が含まれる場合もありますが、それでも人手が足りないと判断できる場合は手伝いを探します。
できる限り力持ちで、引っ越し日は予定のない人を探すと良いでしょう。

5.レンタルトラックを予約する
上記が決まったらレンタルトラックを予約しましょう。不安な点がある場合は、直接お問合せをし、不明な点を全て明確にしてから予約することをおすすめします。
レンタルトラックサービスでは、オプションやパックの選択によってお得になることもありますので、自分の必要な条件が明確になった時点でレンタルトラックサービスのwebサイトを比較し、自分に適したサービスをおこなう業者を探すとお得な引っ越しができます。

6.引越し当日
引っ越し当日は通常の引っ越し同様、レンタルトラックサービスから家具の移動や引っ越しを進めます。近所への引越しの挨拶や配慮は気を遣いましょう。引っ越し業者ほどに「引っ越ししている」というイメージが外に伝わりづらいので、自分から挨拶することでトラブルを防げます。レンタルトラックへの傷や事故については補償限度額内で補償がついています。ただし、住まいや家具への傷は自己責任となりますので、丁寧な引っ越し作業を進めましょう。

7.レンタルトラックの返却
引っ越し作業が済んだらレンタルトラックを返却します。

■単身引越し用のレンタルトラックサービスを使ってお安く引っ越し
このように、単身引っ越しならレンタルトラックサービスを利用することで柔軟かつ格安で引っ越しすることができます。
これから引っ越しを検討している人は、ぜひご検討ください。