平日9:00〜19:00(土日祝日18:00まで)

\お気軽にご相談ください/

0120-028-382

高齢者施設への引っ越しのポイント

高齢者施設への引っ越しや手続きは、ご家族が本人に変わって手配する場合が多くなります。 引っ越し先がマンションなどではなく高齢者施設ということで、今まで経験したことがある引っ越しとは異なるため、不安に思う事も多いのではないでしょうか。
そこで、高齢者施設への引っ越しをスムーズに行うポイントやおすすめ業者などをご紹介します。

ポイント① 荷物整理をしておく

一般的な住宅型の高齢者施設の居室の広さは、20平方メートルほどです。これまで住んでいた家よりも居室が狭くなることが多いため、荷物整理は必須です。また施設によっては、火器類・刃物・貴金属類などは持ちこめないことがあるので確認が必要です。

一般的に必要なものとしては、衣類・タオル・シーツなどと整理用のタンスなどです。家具・家電については、テレビや単身用冷蔵庫などが備え付けられていることも多く、持ち込みを断られる場合があるため事前に確認しましょう。車椅子や杖などの日常的に使うものは、引っ越し荷物とは分けて取り出しやすい場所へ入れるようにしましょう。

荷物整理を誰が行うかについてですが、思い入れのあるものが多いと入居するご本人だけでは、必要か必要でないかの選別ができないことが多いようです。なるべく早い段階から最低限の持ち物を決めておくと良いでしょう。

引っ越し当日になって「荷物を搬入してみたら施設の部屋に入りきらず、結局廃棄することになった」というトラブルがよくありますのでご注意ください。

ポイント② トランクルームの利用を検討しておく

荷物整理中に、どうしても捨てたくないけれど施設には持ち込めないといったものが多く出てきた場合には、トランクルームを利用する方法も検討しておくと良いでしょう。

引っ越し作業と並行して自分たちでトランクルームに荷物を運搬するのは、非常に労力がかかるので、運搬から搬入までを行ってもらえる宅配型トランクルームがおすすめです。引っ越し業者によっては、施設へ引っ越す際に「立ち寄り」としてトランクルームに寄ってくれる場合もあります。

ポイント③ レントラ便なら引っ越しと同時に荷物整理ができる!

高齢者施設に入るご本人が引っ越し準備をする場合、荷物の量が多くなり、体力的に荷造り等の作業が難しいことがあります。またトランクルームを利用したいけど申込み方法が分からない、引っ越し作業に追われて不用品回収業者に依頼するのを忘れたなどのトラブルが発生することもよくあります。
すべての作業が、引っ越し業者のオプションサービスでできればスムーズで楽ですよね。

レントラ便なら、高齢者施設への引っ越しの依頼実績が豊富で、オプションサービスが充実しているため、すべての作業をまとめて完了させることが可能です!

不用品買取不用品回収サービスでは、不要になった物の買い取りが引っ越しと同時にでき、買い取りできない物も無料や有料で引き取りもしているので、回収業者を別手配する必要がありません。さらに、処分するか決めかねている物についてはトランクルームへの運搬代行サービスもしています。
作業員追加サービスで、荷物整理や荷造りのお手伝いをすることも可能です。

ご本人やご家族の負担が増えないよう、プロがしっかりとサポートいたします。新しい生活を、楽に快適にスタートさせましょう!まずはお気軽にお問い合わせください。

レントラ便公式サイト

新着記事

ページトップへ