平日9:00〜19:00(土日祝日18:00まで)

\お気軽にご相談ください/

0120-028-382

業界最安!短時間の引っ越し¥3,980~のレントラ便

2024年が幕を開け、引っ越し業界ではこれから繁忙期を迎えます。
3月から4月が引っ越しの繁忙期といわれており、どの引っ越し専門業者も依頼が集中するため予約が取りにくくなります。さらに、この時期は割増料金が適用されるため、引っ越し料金が高くなるのが特徴です。

4月から新生活が始まる新社会人や新入学生の皆さんは「引っ越し料金が高いからといって引っ越し時期をずらすことは難しい」「でも何かと物入りの時期だからできれば安く引っ越したい」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

レントラ便なら、繁忙期でも業界最安の¥3,980~引っ越しができます!
今回は、繁忙期の引っ越し料金相場と注意点、レントラ便を使って¥3,980で引っ越しをするためのアドバイスをご紹介いたします。

繁忙期の引っ越し料金相場は?

引っ越し専門業者を利用する場合、繁忙期の引っ越し料金の相場は閑散期または通常期の1.5倍~2倍ほど高くなります。

単身引っ越しの場合を見てみると、
・移動距離~15kmで約50,000
50km未満で約52,000
200km未満で約65,000
500km未満で77,000
となります。

具体的な料金は引っ越し業者によっても異なりますが、引っ越しをする人数や荷物の量・移動距離によっては、さらに料金が高くなる可能性もあります。

繁忙期に引っ越す場合の注意点

繁忙期に引っ越しをする場合、まず予約が非常に取りにくくなります。
希望した日時で予約ができないだけでなく、希望していた時間に業者が来られず、早朝や夕方から荷物を搬出しなくてはならないこともあるかもしれません。

引っ越し業者も一日で複数の依頼をこなさなければならないため、搬出や搬入の作業が雑になってしまったり、スタッフが新人のアルバイトだけになる可能性もあります。

どうしても繁忙期に引っ越さなければいけない場合は、なるべく早く予約をしておきましょう。遅くても1カ月前までには予約を確定しておく方が安心です。

最安値¥3,980で引っ越す方法!

レントラ便は、トラックの大きさと利用時間によって料金が決まる「時間制料金」です。
このため、繁忙期による大幅な割増が無く、一年を通して安定した料金となっています!(混雑日は、全車種、混雑状況により割増率が変動致します)

最安値は、軽トラック30分¥3,980
引っ越し専門業者の繁忙期料金と比べると10分の1以下の料金です。最安値の¥3,980で引っ越しをするためには、いくつかポイントがありますのでご紹介いたします!

①セルフプランで引っ越し

レントラ便は、レギュラープランとセルフプランの2つのサービスがあります。
レギュラープランは、ドライバーが荷物の搬入出などのお手伝いをするプラン。
セルフプランは、ドライバーは荷物に触れずお客様ご自身で運搬作業を行っていただくプランです。
このため、料金はセルフプランのほうが2割ほど安くなっています。ご家族や友人に手伝ってもらえる場合などはセルフプランで引っ越しをしましょう。

②荷物を極力少なくする

荷物をできる限り減らすことによって、トラックが小さいもので済む可能性があります。トラックのサイズが小さくなると、その分引っ越し料金がお安くなります。
断捨離をすることはもちろんですが、家具家電を新調する場合は引っ越し先に直送してもらうと、大幅に荷物を減らすことができるのでおすすめです。

③事前に梱包を済ませる

事前に梱包を済ませておかないと、当日に作業することになってしまい、当然運び出しがはかどりません。時間も余分にかかるため、引っ越し料金が高くなる可能性が出てきます。
短時間で引っ越すためにも、事前に梱包は完了させておきましょう。

④当日はトラックが到着する前に運び出し

当日はトラックが到着する前に、自分で運べるものだけでも部屋から出し、玄関もしくはエントランス等に運び出しておきましょう。
2階以上にお住まいの方は軽い荷物だけでも1階に降ろしておくことで、時間が大幅に短縮できます。重くて大きいものだけをドライバーと運び出しすることで、時間短縮できるのでその分料金が安くなります。
またドライバーまかせにして運び出し作業をするとどうしても時間がかかります。
積極的にドライバーと共同作業することで、短時間で引っ越し作業を終えることができます。ぜひ、積極的に搬入出作業に協力しましょう!

お客様の協力が必要にはなりますが、以上のポイントを押さえることで、繁忙期でも格安の引っ越しができます。
短時間で近距離の引っ越しの場合は、業界最安¥3,980~のレントラ便にぜひおまかせください!

レントラ便公式サイト

新着記事

ページトップへ