平日9:00〜19:00(土日祝日18:00まで)

\お気軽にご相談ください/

0120-028-382

東京の近距離引越しで安く済ませるコツ

東京での引越しは、荷物量や距離、時期などによって費用が大きく変動します。特に、東京は物価が高いため、近距離の引越しでも費用を抑えることは難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。 

しかし、少し工夫をすることで、東京の近距離引越しでも安く済ませることは可能です。ここでは、東京の近距離引越しで安く済ませるためのコツをご紹介します。 

引越し業者を比較する

近距離引越しの場合、引越し業者の料金差は大きくありません。しかし、それでも数万円の差が出る場合もあります。そのため、複数の業者から見積もりを取ることで、安い業者を見つけることができます。 

見積もりは、インターネットや電話で簡単に取ることができます。また、引越し一括見積もりサイトを利用すれば、一度に複数の業者から見積もりを取ることができるため、効率的に比較することができます。 

荷物を減らす

荷物を減らすことで、引越し費用を抑えることができます。不用品は、リサイクルショップやフリマアプリなどで売却したり、自治体の粗大ゴミ回収を利用したりして処分しましょう。 

また、引越し先で使う荷物だけを運ぶことでも、費用を抑えることができます。例えば、家具や家電は、新生活に合わせて購入すれば、引越し費用を節約できます。 

自分で荷造りをする

自分で荷造りをすることで、引越し費用を抑えることができます。引越し業者に荷造りを依頼すると、荷造り料がかかるためです。 

自分で荷造りをする場合は、ダンボールや緩衝材を事前に用意しておきましょう。また、荷造りの手順やコツをインターネットなどで調べておくと、効率的に荷造りができます。 

オプションサービスを利用する

引越し業者によっては、オプションサービスを利用することで、費用を抑えることができる場合があります。例えば、引越し当日の立ち合いサービスや、エアコンの取り外し・取り付けサービスは、オプションサービスとして提供されていることが多いです。 

引越し業者のオプションサービスは、事前に内容や料金をチェックしておきましょう。 

引越し時期を検討する

東京の近距離引越しの場合、繁忙期は3月、4月、9月、10月です。これらの時期は、引越し業者の需要が高まるため、料金も高くなります。 

一方、閑散期は1月、2月、5月、6月です。これらの時期は、料金が安くなる傾向があります。 

もし、東京で近距離引越しを予定しているのであれば、繁忙期を避け、閑散期を選ぶことで、費用を抑えることができます。 

近距離で荷物の少ない引っ越しならレントラ便! 

「複数の業者から見積もりを取ったけど納得できる業者が見つからなかった」「転勤のため引っ越し時期がずらせない」という方には、レントラ便をおすすめします! 

レントラ便の最大の特徴は、トラックの種類と利用時間によって料金が決まる「時間制料金」です。
30分ごとに料金設定があり、同一市内間などの近距離の引っ越しと、軽トラックに収まる量の荷物の少ない引っ越しなら、破格の引っ越しができます!
 また時期による料金の増減が少なく、面倒な訪問見積もりも不要です。

ドライバーが荷物運搬のお手伝いをするレギュラープランと、手伝いなしのセルフプランがあり、セルフプラなら軽トラックで30分3,980円です!
もちろん、セルフプランでもドライバーが運搬の仕方や配置のアドバイスはいたしますので、初めての方でもスムーズに作業をすすめられます。 

オプションサービスも充実しており、不用品の買い取りからエアコンの着脱まで、大手引越し業者と変わらないサービスを必要な分だけ利用できる点も好評です! 

まとめ 

東京の近距離引越しで安く済ませるには、上記のようなコツを押さえることが大切です。少し工夫をすることで、費用を抑えながら、スムーズに引越しをすることができます。 

ぜひ、これらのコツを参考にして、東京での近距離引越しを計画してみてください。 

レントラ便公式サイト

 

新着記事

ページトップへ