平日9:00〜19:00(土日祝日18:00まで)

\お気軽にご相談ください/

0120-028-382

大手運送会社の単身パックを比較!サービスや料金の違いと注意点

「単身の引っ越しを安く済ませたい」という方によく利用されているのが、「単身パック」です。単身パックは様々な業者が取り扱っており、どのプランが一番お得なのか迷われている方も多いのではないでしょうか。
今回は、日本通運とクロネコヤマトの単身パックの比較とともに、利用する上での注意点もご紹介します。

1.単身パックは通常の引っ越しと何が違うの?

単身パックは、トラックを貸し切る通常の引っ越しとは異なり、専用の「コンテナボックス」という最大170cmの大型のカゴに荷物を積んで引っ越しをするサービスです。他の人のコンテナボックス一緒に積む混載便となり、運べる荷物量も限られるため料金が安く設定されています。

2.日通とヤマトの単身パックの比較!

大手運送会社として信頼のある2社・日通とヤマトの単身パックを比較していきます。

①コンテナのサイズ(横幅×奥行き×高さ)

<日通 Sサイズ> 108×74×155cm 容量1.23
<日通 Lサイズ> 108×104×175cm 容量1.96
<ヤマト わたしの引っ越し> 104×104×170cm 容量1.83m³

②料金

平日・同一市区町村の場合の料金目安。
<日通 Sサイズ> 19,800
<日通 Lサイズ> 22,000
<ヤマト わたしの引っ越し> 18,700
距離や繁忙期による割増があるため、正確な料金を知るには見積もりが必要です。

③特徴

<日通>
日通は2サイズの単身パックを提供しており、荷物量に合わせて選べるところが特徴です。
またウェブ予約で2,200円引き、2ボックス以上の利用で1,100円引きなど、割引サービスもあります。
<ヤマト>
2022年のオリコン顧客満足度ランキングで首位を獲得するなど、サービス品質が強み。コンテナに入りきらない荷物は「らくらく家財宅急便」で1点から運べるなど、柔軟な対応力できるようです。

3.単身パックを利用する上での注意点は?

単身パックは通常の引っ越しとは運搬方法が異なるため、事前に確認しておきたい注意点があります!

①ベッドはコンテナに入らない

どの会社の単身パックにも、コンテナにベッドを積み込むことはできません。
同様に3ドアの冷蔵庫やソファなども入らないため、大型の家財が多いという方は注意が必要です。
コンテナに入らない家財は別途運送を頼むことも可能ですが、日通・ヤマトともに有料となるため、結果として通常の引っ越しと変わらなくなってしまうこともあります。あくまでも荷物が少ない方向けのプランです。

②お届けは最短翌日!基本的には宅配便と同様のサービス

単身パックは、近距離の引っ越しであっても荷物のお届けは最短で翌日となります。
また通常の引っ越しと違い、家具の解体・組み立て、洗濯機の取り外し・取り付けは料金に含まれていません。あれもこれもおまかせしたい!という方は通常の引っ越しプランがおすすめです。

参考までに当日のお届け出来るサービスは、今年令和4年にリリースした当社のシェアトラというサービスがありますのでよかったら比較してみて下さい。

以上、大手運送会社2社の単身パックの比較と、単身パックを利用する上での注意点でした。
料金を抑えられる分、制約もある単身パック。自分に合った方法で、お得で楽な引っ越しをしてくださいね!

シェアトラ公式サイト
レントラ便公式サイト

新着記事

ページトップへ