平日9:00〜19:00(土日祝日18:00まで)

\お気軽にご相談ください/

0120-028-382

【レントラ便活用法】引っ越しの積み残しの運搬でもご利用ください!

単身の引っ越し・近距離の引っ越しでご好評いただいているレントラ便ですが、この他にも運搬に関する「困った!」を解決できる様々な活用方法があります!

今回は、意外と多い「引っ越しの積み残し」についてご紹介いたします。

意外と多い引っ越しトラブル!「荷物の積み残し」

引っ越しのトラブルで意外と多いことが「荷物の積み残し」です。

荷物を全て運び出し、あとは新居へ向かうだけ!という時に、荷物が運ばれずに残されていたら焦ってしまいますよね。積み残された荷物の中に大事なものが混ざっている可能性もあります。では、なぜ荷物の積み残しが発生してしまうのでしょうか?

積み残しの理由①営業担当の見積もりミス

引っ越し費用を算出するために、引っ越し業者では営業担当が自宅を訪問して見積もりを出しています。
その際に、営業担当が使用するのが引っ越し専用の計算機です。家具のサイズや数などを打ち込むと、それを容積に換算してくれる仕組みになっているため、専門的な知識がなくてもトラックの大きさ、台数、スタッフの人数がわかるようになっています。

しかし、分解できない家具や積み重ねができないものがあり、それぞれの家具や荷物の形態に合わせての見積もりが必要となるため、 経験の浅い営業担当がこの計算機に頼りすぎてしまうと、荷物の量を見誤りトラックに積みきれないという問題につながってしまうのです。

積み残しの理由②オンライン見積もりの入力ミス

最近多いインターネットでのオンライン見積もりも積み残しの原因の一つといわれています。

依頼者自身が入力した荷物の数や種類が誤っていたり、サイズが大幅に間違っていると手配されているトラックに載せきれずに積み残しになってしまいます。

積み残しの理由③依頼ミス

依頼者が、見積もり時に一部の荷物を依頼し忘れていた・ミスがあったというケースです。

倉庫に入れていた荷物を申告し忘れていたり、事前に捨てようと考えていた荷物が引っ越し日までに捨てられなかったことで、引っ越し当日に予定よりも荷物が増えてしまった!ということもあります。

引っ越し荷物の積み残しの対処法は?

引っ越し業者は見積書に記載された荷物に関しては、引越約款によって必ず運ばなければならないことになっています。このことから、見積書に記載されているにも関わらず、その荷物を積み残されるようなことがあれば引っ越し業者に対応を求めなければなりません。

引っ越し作業にあたっている責任者に連絡することが難しいようであれば、見積もりをした営業担当者、または責任ある担当者に連絡しましょう。追加費用がかかることもありますが、良心的な引っ越し業者であれば、ピストン輸送などの対応をしてくれるはずなので、まずは連絡を取ってみることが大切です。

しかし、依頼者側の入力ミスや見積もりにない荷物が引っ越し当日に大幅に増えてしまった場合・トラック1台に積めるだけの荷物を運ぶという「積み切りプラン」を利用して積み残しが発生した場合は、引っ越し業者に連絡しても対応してもらうことは難しくなります。
このような場合は、自分で荷物を運ばなければならないため、宅配便や自家用車で運ぶことになります。しかし、自家用車に載せきれない荷物量の場合や、時間に余裕がない方・免許がないという方には自力での運搬はなかなか難しいですよね。

そんなときは、レントラ便にご連絡ください!

レントラ便の料金は「トラックの種類」+「レンタル時間」で決まる時間制料金です。積み残しの荷物の量やサイズに合わせてトラックを選ぶことができ、最安値は軽トラック303,980円!

軽トラック1台に積みきれる荷物量なら、大きなトラックを使う引っ越し業者に再度依頼よりも、費用は大幅に安くなります。時間内であればピストン輸送も可能で、途中で別の場所に立ち寄ることもできます。混雑具合によっては、緊急の当日対応も承っておりますのでご相談ください。

また積み残しの荷物の中に処分し忘れていた不用品があった場合は、不用品買取サービスもご利用いただけます。状態やブランドの有無によって買い取れない場合もございますが、基本的には2017年以降に購入した家具家電は買取の対象となります!
値が付かないなど買い取れないものは、有料にて不用品回収を承ることも可能です。

もちろん、他の引っ越し業者を利用して発生した積み残し荷物にも迅速に対応いたします。積み残しでお困りでしたら、レントラ便にお気軽にお問い合わせください!

新着記事

ページトップへ